アキフミ・Hオリジナル小説 『ぼくのアルマゲドン』 『愛と青春のバトルロード
CGアートワーク 『ぼくのアルマゲドン』 『愛と青春のバトルロード』 『狼王記
オリジナル壁紙のダウンロードはこちら
動画チャンネルPose for You

被写界深度について

今回はCGにおける被写界深度の話題です。

 カメラの世界において、被写界深度とは早い話がピントの合う範囲(距離)のことですが、
 CGの世界では“被写界深度”というと、レンズに焦点が合うことによって発生するブラー(ぼけ)、あるいはそれをつくり出すこと、といった感じで使われてます。
 つまはりは、被写界深度を浅くすることで生まれるブラーを擬似的につくることで、CGをリアルに見せようという表現です。


 私がいつも使っているPoserの場合、レンダリングの設定の中に被写界深度の設定があるわけですが、これが最初はとっつきににく、また設定によっては、ひじょーにレンダ時間がかかります。

 これについては、Tomiyaさんのホームページの中に詳しい説明があります。

 私の普段使っているVueについても被写界深度の機能がありますが、設定がかなりおおざっぱなうえ、やはりレンダに時間がかかります。

 他にも“Zマップ”を利用してポストワークするという方法があり、私もほとんどこちらを使ってます。
 今回はそのことについてごく簡単な説明と検証をやってみたいと思います。

 まずは最初にレンダリングした画像です。

元画

 いぜん掲載した“これもありふれた日常”のポストワークを加える前の、レンダリング直後の画像です。
 ちなみに壁紙バージョンこちら

 そして“Zマップ”ファイルを用意します。

Zマップ

 “Zマップ”とは、“Zデプス”ともいい、カメラから被写体までの距離をグレースケールで表した画像です。
 Vueをはじめ、ほとんどのCGソフトは標準で“Zマップ”を出力することができます。
 Poserにおいて、“Zマップ”を作る方法は、Forum3DのKyotaroさんのコメント“Tips:PoserでのZ値の取得について”を参照してください。
 なお、掲載の都合上jpg形式にしていますが、実際の“Zマップ”はグレースケールのbmpファイルです。

 これをもとにポストワークしていきます。
 いちばん一般的なやり方はPhotoshop CSの、レンズぼかし機能を使うことだと思われますが、持ってません(泣)。
 というわけで、フリーソフトを使った例を紹介したいと思います。


 まずは、TB's Defocus Filterというソフトを使った場合です。

 TB's Defocus Filterの場合

 ほぼデフォルトの設定のままで、“Threshold”の数値のみいじってます。
 かなり特徴のある仕上がりで、完全なリアルさを求める場合には使いにくいかもしれません。

 ソフトの使い方についてはマニュアルを参照していただければ、わかると思いますが、コンノヒロムさんのブログにも詳しい検証があります。


 ひきつづき、“GIMP”というフリーのグラフィックソフトの“Focus Blur”というプラグインを使った場合です。

Focus Blurの場合

 ほぼデフォルトの設定のままで、“Focal depth”の数値のみいじってます。
 クセのない標準的な仕上がりといった感じで、一番使いやすいと思います。

 プラグインの使い方についてはマニュアルを参照していただければ、わかると思いますが、銀狐さんのブログにも詳しい検証があります。
 なお、GIMPについては“GIMP2を使おう”もしくは“GIMPユーザーズマニュアル”等をご覧ください。


 最後に、レイヤーマスク(アルファチャンネル)を使って、選択範囲を読み込むやり方です。
 GIMPの場合は、“Zマップ”を読み込んだ後、アルファチャンネルのウィンドウにドラッグまたはペーストして、アルファチャンネルをつくったあと、選択範囲として読み込んで、“ガウシアンぼかし”を適用します。

レイヤーマスクの場合

 “Focus Blur”に比べて、若干、輪郭のエッジが残ってる感じです。
 今回はGIMPを使用しましたが、使用するグラフィックソフトによって仕上がりは変わってくると思います。


 結局どれを使うかは好みによると思いますが、私の場合、いつも“TB's Defocus Filter”を使ってます。
 ただし、これを使う場合はそのあと必ずといっていいほどレタッチをかけまくりますので、かなり印象が変わってくるとは思います。
 その辺のことについては、また機会があればやりたいと思います。



posted by アキフミ・H at 2008年11月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tips
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。